スピーキングをマスターするためには

英語はいまやたくさんある科目の中でも特に重要性が高くなってきており、受験の際にも英語の点数配分が多いことがよくあります。

しかし日本人は文法などテスト関連の問題なく出来るのですが、スピーキング能力が高い方はあまりいません。

日常的なコミュニケーションが取れるレベルにいくまでには最低でも300時間が必要だと言われています。

300時間というと出来るだけ毎日スピーキングをする時間が必要になってきますが、文法や長文読解と異なり自分で勉強することが難しいことが問題点として挙げられます。

今はskypeなど格安で毎日勉強できるサービスも充実しているので、そうした勉強方法を活用して毎日話す機会を作るように工夫することが求められます。